悪徳業者を選ばないためのポイント

家の外壁や屋根は、常に雨風や紫外線、砂にさらされています。海の近くに家がある場合は、塩分を含んだ潮風にもさらされています。家の場合は劣化をするのが、10年から15年くらいの時になります。防水機能が失われてしまい雨風や紫外線ぎ直接あたり建物内部に侵入してしまいます。雨風が侵入すると、建材である柱や土台を腐食してしまいます。このような状況になってしまうのを防ぐために外壁塗装をしたり、修繕工事が必要となってくるのです。外壁塗装のメリットは、外観を美しくしく整える、外観を保護してくれて耐久性や防水性を高めてくれます。塗料の機能によっては断熱効果、遮断効果、セルフクリーニングなどがあります。外壁塗装をする場合の塗料なんですが、塗料選びというのは、外壁塗装の料金や耐久年数を決めるので重要になるのです。塗料は、顔料、添加剤、合成樹脂、これらの3つの成分を混ぜ合わせたものをいいます。顔料は、色やツヤを決める役割、添加剤は、塗膜を同じようにする役割、合成樹脂は、耐久性などの保護機能などの役割があるのです。合成樹脂は、耐久年数に関わるので塗料を選ぶ中で一番重要になるのです。塗料の種類としては、アクリル係塗料、ウレタン係塗料、シリコン係塗料、フッ素係塗料があります。また、外壁塗装をする時に大事なのが色選びになります。自分が好きな色に塗り替えてしまうと後から失敗した時に取り返しがつかなくなってしまいます。色選びで失敗しないようにする方法としては、近所の気になる家やネットで施工事例を見てみる、玄関ドアやさっしなど変更できない色を知る事、あまりいろんな色を使おうとせずにすることです。外壁塗装の塗り替えで人気の色が、ベージュ、ホワイト係、グレー係、ブラウン係などになります。そしていくら自分達で失敗しないようにしても、業者選びで仕上がりが全然違います。残念ですが悪徳な業者もあるのです。業者選びのポイントとしては、外壁塗装で必ず行うお家の診断でチェックする、見積書の内容、屋根診断、提案書を提出してくれるか、保証があるか、店舗や事務所の所在地が明確な業者か、塗装後のビフォー、アフターをしっかりしてくれるかどうかを、確認して値段なども把握しておくと良いです。外壁塗装は頻繁に行うことではないので、慎重に下調べをしたり、どのようにしてもらって、どういう仕上がりか、などをしっかり考えてから失敗をしないようにすることが大切になるのです。

国民生活センターに相談

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *