悪徳業者の手抜き工事に注意

大切な我が家を長年守って行く為に、家の外壁はとても重要で、長年放置したままにしておくと家の劣化が進み、雨風の侵入を防げなくなってしまいます。そんな外壁塗装に付いてはほとんどのご家庭の場合、専門の業者に頼む事になると考えます。

外壁塗装の工事は高額な工事費用が掛かりますので少しでも安く仕上げたいとお考えになると思いますが、そんな業者選定では注意しておきたい点やマナー等がある事を理解しておく必要があります。先ず注意しておく点についてですが、一番重要な事は「悪徳業者」と呼ばれる業者がいる事です。

どの様な業者が悪徳業者であるか見抜くのは難しいと考えますが一般的に次の様な場合は注意が必要です。先ず工事費用については通常価格の「半値程の価格」を提示してくる業者です。外壁塗装工事には基本となる工事がきちんと施工されている必要がありますが、悪徳業者はそれらの施工費用を安くする為に俗に言う「手抜き」になってる場合が有ります。

手抜き工事は必要な塗料の量を薄めて使用し、少ない塗料でたくさんの面積を塗ったり、使う塗料を安い物にしたりして、材料費を抑えています。この様な手抜き工事をされた外壁塗装は通常の耐用年数まで持つ事無く剥がれて来たり、ひび割れてきたりしてしまい、結果としては再工事が必要な状況に陥ったりしてしまうのです。

又、この様な業者は人件費を抑えるために、資格を持っていないアルバイトに作業をさせたり、又使われる設備も業務用の物では無く、一般家庭でも持っている様な設備を使用したりするケースがあります。又、その様な業者の営業マンを見ても判る場合があります。

特に家をじっくりと見る迄も無く「すぐに外壁塗装の工事をしないと雨漏りが進んでしまいます」や「このままだと住めなくなります」等と、契約を急ぐ様に迫ってくる業者は悪徳業者である可能性が有りますので充分注意が必要です。

私達はこの様な悪徳業者に引っかからない為にも、世間一般的な外装塗装の費用を把握しておく事が必要で、現在では外壁塗装の一括見積もり等が利用できますので是非一度見積もりをしてみる事をお薦めします。ただ私達が心得ておくマナーは一度提示されてきた見積書に対し、更なる無理強いした値引きの交渉をしない事です。

業者側としては仕事が欲しいので、再値引きに応じてくれる場合が有りますが、その時には必要な工事に対して「手抜き」した内容に変わってしまう事がある為です。誠意を持って対応してくれる業者も有りますので、マナーに反した様な値引き交渉はご自身に帰ってきてしまう事が有りますので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *