外壁塗装の業者探しは色々な方法で行おう

大きな金額となる外壁塗装は、業者を探すだけでも一苦労であり、実際に探してみるとその数の多さに驚かされます。日本における外壁塗装は、どの業者であっても自由に行える事業だから、ホームページなどで宣伝をしているから安心というわけではありません。何もノウハウがない業者や、最初からずさんな工事をする気の悪徳業者に引っかかってしまうと、深刻なトラブルに巻き込まれてしまうので、必ずその業者の信用調査もしておきましょう。

業者探しの方法は、昔ながらの電話帳で外壁塗装の項目を探すか、インターネット上で検索するのがお勧めです。前者の電話帳も、なかなか侮れない方法でして、ホームページを開設していない地元業者についてもカバーできます。後者のインターネットは玉石混交ではあるものの、きちんと運営している会社の情報をチェックしておけば、明らかに怪しい業者については除外することが可能です。

目立つキャッチコピーを前面に押し出しているホームページもあれば、簡潔にほぼテキストだけで説明しているホームページもありますが、分かりやすくて綺麗だから工事も丁寧とは限りません。職人気質の業者の中には、インターネットより地元のつながりで仕事を取っているところもあるので、電話帳といったアナログな方法も取り入れましょう。

訪問販売の営業マンには要注意

個別訪問をしてくる営業マンは、どの業界にも見られる存在ですが、外壁塗装を扱っていることが多いです。訪問販売の営業マンに外壁塗装を勧められた場合は、基本的に断った方が賢明であり、それ以前に応対しないことが最適解になります。なぜ訪問販売では外壁塗装を依頼してはいけないのかと言うと、それは高い確率でいいかげんな工事をされるからです。
外壁塗装を実際に行っている業者では、わざわざ営業マンを雇って、需要があるのかも分からない家を1つずつ回らせるような、非効率的な営業方法は選択しません。つまり、訪問販売をしている時点で、どこかから営業だけ引き受けた業者であることがほぼ確定です。営業中は調子の良いトークばかりしますが、いざ契約が済んだら、その後の連絡がつかないというのが典型的なパターンです。

本来の見積もりは、プロがしっかり計測しながら全体を見て、ようやく計算できるものです。それをいきなり訪ねてきた営業マンがパパッと出せる時点で、まともに外壁塗装をする気がないことが明白と言えます。訪問販売の営業マンに任せるような塗装業者は、やはり同類であることが多く、中には足場を組んだまま放置されて、追加料金を請求されたという事例まで見られます。まともな施工をしている業者では、依頼されてもいないのに訪ねてくることはないと理解して、悪徳業者に引っかかる可能性を少しでも減らしましょう

ご近所の実例を参考にしよう

一番確実で信用できるのは、普段から挨拶を交わしているご近所で、外壁塗装を実施した業者を選ぶことです。施工から5年以上の時間が経っていると、業者の質が良く分かって、なおグッドになります。どの業者でも施工から数年ぐらいは綺麗なままですが、そこから一気に差がついてくるので、それぐらい経過している状態でチェックしましょう。ご近所からの紹介であれば、業者としても自分たちの仕事ぶりが認められたことでやる気が出ますし、営業エリアとしても問題がないので、安心して依頼できます。

その地域共同体で経験済みの業者であれば、外壁塗装における足場組みの金属音や、高圧洗浄の機械音と水の音といった、様々な騒音についても許容されやすいメリットがあります。ご近所から理解してもらえる外壁塗装はなかなか難しい問題だから、イメージが良くて、その地域に詳しい業者を選ぶことは重要です。工事当日には、どの業者も隣接している住宅には挨拶に行きますが、すでに見知っている業者の方がスムーズになります。

自宅が営業エリアの範囲内にあるかどうかは、外壁塗装のクオリティにも関係してくる要素でして、業者は機材などを保管している事務所からトラックで現場に向かうので、移動距離が長くなるほど施工する時間が減ってしまうのです。そのため、営業エリアとして実績があることを確認できているのは、業者選びにおいて高評価になります。

参考:外壁塗装のぬりかべ君|業者選びのポイントは相見積り

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *