仕上げのポイントは見切りが大事

外壁塗装の仕上げについてのポイントを教えます。外壁塗装の塗装の仕上げ方のポイントはまず、見切りが大事であります。

この見切りの違いで、プロと素人の違いが出てきます、そこでこの見切りをまず、きれいに出すポイントを教えます。

外壁塗装といっても、一般住宅の面積で言うと約大体130平米から180平米が妥当だと思います。そこでこれだけの面積の中で大事な見切り箇所は何箇所あるでしょうか?

1つの窓に対して2カ所です。天井と壁のサカエで全体1周あります。これだけ考えても外壁塗装の見切りはかなりあります。

プロはこの見切りの部分を大事にし、素人との違いを見せつけます。しかしそんなに難しくはありません、素人の人でも充分にプロの見切りが出せるのです、そこをポイントとして教えます。

マスキングテープというのがありますけれども、このマスキングテープをどれだけまっすぐ出すか、これが全ての塗装のポイントになります。

マスキングテープの張り方ですが、片方の手で、マスキングテープを抑え、ずーと出してから軽くテープの真ん中あたりを軽く抑えます。

それから全体を順番に抑えていくのが真っ直ぐ貼るこつです。サッシ回り、天井極わは、ビスや凹凸があります。

凹凸が出てきたら、空気というか浮かせない様に爪でそこの部分を抑えます。この押さえが甘いと、そこから塗料が滲み出てしまいます。

後は外壁塗装塗装で、外壁を塗るときは、刷毛とローラーを仕様をますが、見切りの部分はなるべく刷毛を仕様していくのも大事です、ローラーで見切りに塗料を付けてしまうと滲み出て来ることが多いいからです。

ですから、刷毛とローラーは別々に仕様すると思った方が良いでしょ。また、ローラー工法の場合、ローラーでの塗り方は必ず上から下に塗装をしていく事が大事です。

何故なら、下から塗装をしてしまうと後で上から塗装をした時に下に垂れたのを治せなくなりますし、治す事が乾いたら大変な仕事になるからです。

養生をいよいよはがす時に大事な事は、塗装をかけてからすぐに剥がさない事。何故なら、まだ乾いていないあいだに、養生を剥がすとテープのキワから、塗料が出てきてしまい、せっかく養生をしたのに台無しになってしまいます。

養生を剥がすポイントは、渇きが半分ぐらい、手で触ってまだ乾いて無いな!っていうぐらいで養生を剥がすとちょうど良く剥がせます。ちなみに完全に乾くとパリパリゴミみたいなのが出て剥がしづらいかと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *